忍者ブログ

* admin *  * write *  * res *
[1]  [2]  [3
<<11 * 12/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  01>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

近所の農家さんが割れてしまって店には出せないトマトをたくさん下さったので、料理やシャーベットにしても、まだまだあったので干しました。

こんなのが半日でこんなに

皮は湯むき、タネは取り除きました。皮を取り除かなかったものが写真のしたの方に写っているまだ干したてのもの。むいた方が良かったな。

干した後の写真は昨日のもの。
干す前の写真は今日いただいたもので別のものです。干す前の写真に半干しになっているのは、昨日の皮をむかなかったトマト。


干している場所はOMダクトに横穴をあけた脱衣所。冬モードでさながら乾燥室。
40度以上あって、湿度は30%くらいです。
PR

セシウムを吸いやすいと言われているけれど、吸っているのと吸ってないのがあるかなあ。
熟すまえはあまり良さそうじゃないけれどしっかりと熟すとおいしそうな気がする。

これは裏のおうちを管理している不動産屋さんがどうぞ、ともってきてくれました。
さっそくシネマさんにこの前習った
柿酢を仕込み、それからいろんな果物をまぜて酵素ジュースを仕込みました。


デッキに柿渋を塗るために京都から柿渋も取り寄せ。
柿づいてます。




結婚披露宴でいただいた、新婦手作りのグラノーラ。
とってもおいしい。
子どもも美味しいからグラノーラがもっと食べたいというので、レシピを持っていることを思い出し作ってみた。
家の防災用に蓄えているオートミールやナッツ、ドライフルーツを代替えにして作成。

クコの実とプルーンなどの甘いものは同じに焼くと焦げて苦くなってしまった。
食べた子どもからはちゃんとそこのところを指摘。。

これは最後に加えて、すっぱくて苦くなるから、と忠告されました。

糖分は熱を加えると黒くなります。
ほくろなどが夏に増えるのはとってきた砂糖が紫外線によって焦げたあとだと言われています。
ほどほどに、という自戒をこめて、焦がしてみました。

ナッツを刻むほかは混ぜて焼くだけだから簡単。
あとはレシピに書いてあるだけのメープルシロップをケチらずに入れればちゃんと出来ます。
今回は娘が食べる、ということでケチらずにちゃんといれたのでオプションのドライフルーツを一緒にいれて焦がしてしまう他はうまくいきました。
なにごとも経験。。そっか、あとから入れれば良かったのね。


一次発酵に冷蔵庫にいれたあと、常温にもどしたけれどなかなかふくれずに、
このままほっておくと酸っぱくなると整形して焼いたパン。
玄米酵母

おいしかった。
酸っぱくもなくて、小麦の味がじんわりと。

おどろいた。
大きなカボチャを近所さんにいただきました。
大きいだけあって、しっかり種が大きく熟しています。
必ず母はこうしたものをネットに入れて台所や縁側の物干にいつまでも干していました。
だからこうしたものを生ゴミにするのはもったいなくてなかなかできません。
ちょっと面倒心がでてチャボが食べるかな?とおもったけれどたべませんでした。
なので乾燥させました。

母はなかなかむかないのでとても外の皮が固かくて爪だけで剥くので指が痛かったのですが、ためずにある程度外が乾燥したらとっとと剥けばそんなに固くないことも私がはじめてから知りました。
ほどよく乾燥したところで小さな爪切りで脇を切って中をとりだします。

とても美味しいです。




カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
手しごと工房てんと
性別:
女性
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
最新CM
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: てんとう虫通信 All Rights Reserved