忍者ブログ

* admin *  * write *  * res *
[1]  [2]  [3]  [4
<<04 * 05/1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  *  06>>
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

植栽の提案を2011年7月に高田さんに来てもらって依頼

翌年2月に提案をいただき、
高田さんデザインで施工は自分たちで。もちろんデザインに対してお支払い。

苗をわけていただき、植栽や剪定の方法を要所要所で教えて貰いながら手入れ。

部屋からの外の景色



アプローチの雰囲気


南西側


見事に育っています。
10月中旬からは木が休むので手入れに良い時期だそうです。




PR
このところ腰痛なのに庭の手入れをしている。5年も経ってやっと。というか、引っ越してきた年はかなり畑を作ろうと耕し、畝をつくったり、種をまいたりした。
そもそも自然農法で、と考えている主人のやり方を尊重し、大きな掘り返しや土壌改良、肥料の添加はなかった。

しかし、もともと慣行農法で耕され、搾取されてきた土地は雨が降ればドロドロに、日照りが続くと乾燥でカチカチとなった。
自然農法をしている棚原さんのお話を夏に聞いたが、そうした畑には化学物質の沈着がさながら岩盤のように層になっていて、それを砕かないと水が溜まる、滞るといった話を聞いた。だ、ものだからスコップでその層がありそうなところまで掘り返し、刈り草や枝を入れて土を被せている。
枝を入れるのは株式会社 高田造園設計事務所の高田さんの雑木の庭の手入れで10月の頭に聞いた話から。
いろいろ取り入れている。

で、庭のその土がこのところ草を刈り取ると、その下でコロコロふかふかしてきた。雑草をかり、そしてほうちし、と3年ほどたった。

そして、今回作ってみたのがこんな。
まだまだ土地が広いのであまりに小さな花壇のような畑。





瓦をつかって太陽の温熱をとりこむ作戦。イチゴ畑はさながらこのごろこの近くあちこちにできている電気畑をイメージ。


そして昨日の株式会社 高田造園設計事務所の高田さんのブログ。

この月曜日に千葉市の長い間顧みられることなく、人の手の入らなくなった里山の林で行われた気脈、水脈環境をつくることて改善する手入れ講座の様子。
自己流に要約すると、、、

人の手を入れて、人の暮らしと密接に関連して作られた林は人の手が入ることで健全に機能していました。
しかし、里山の暮らしが近代化し、林の中のものを使うことなしに暮らしが回り始めると、とたんにその林は行き場を失い、人の手がはいるとこで平衡を保っていた林は健康な状態ではなくなってしまった、そうした林を使っての講座が行われました。
そこでの問題は滞った流れ、最下部流れる泥の詰まった小川を整備することで1日で改善したそうです。
詰まりは見える樹木の手入れで、それより先に足元のさらに下、気脈、水脈の整備という考え方。
参加できませんでしたが何冊も本を出している高田さんが思いを込めて書いているブログ、しかも劇的に忙しいはずなのに翌日に書いていり、ということからもその感動とともに、内容までもよく伝わってきます。
一読をお勧めします。

http://www.zoukinoniwa.biz/blog/2014/10/in261028.html

子どもが幼稚園に通っている時、お母さんたちはそれぞれ一年に一度のバザーの準備のために作るものの種類によって担当の班を決めていました。基本的にはどの作業にもみんな参加するけど準備やら手配などの分担を担っている、そんな班わけでした。

で、園のバザーのお知らせをみて思い出した、というか忘れていました。私、木の実班でした。
一年かけて様々な種類の木の実の落ちるタイミングをみうしなわないようにして、拾って洗ってか拭いて、冷凍すること10日間。それから干して干して干して干して。
それから一つ一つ磨いて出品です。木の実といえども、なかなかのものでした。栃の実なんて本当にプラスチックみたいでまるで偽物みたい←ほめているのだか、なんだか。
そのくらいピカピカにして出すのです。カビはもちろん虫なんて絶対に湧きません。
菊名池公園の椎の実は大きくて長かったなあ。
今尚、子どものものを捨てられずにドングリは外にしてしまったけど、栃の実や形の美しい松ぼっくりは未だに保存しています。数年たってもピカピカのままです。
子どもが行かな〜い、というので今年は行きませんが、あと1年、2年、近い将来そういうこと関係なしに行ける時が来たら、このイベントと園が継続していれば一人で行きたいと思います。

https://m.facebook.com/kodomo.ysteiner/photos/a.686988154665644.1073741831.680930385271421/841257305905394/?type=1&source=57


いま、庭には何本も若いクヌギとコナラ、そして椎の木があります。
あと数年したらドングリ取り放題です。
また誰かのために拾って冷凍して磨いて、とするときは来るのでしょうか。
脇で遊んで遊んで、おしっこ、お腹すいた、お腹すいたと言われず泣かれずそれだけに時間を使う、それは楽ではありますが、少し違った意味を持つかもしれません。
雑木の庭の手入れを見に行った。
いま私の中の流行りの動画で撮っていたらiPhoneがいっぱいで動かなくなってしまった。
iMovieで編集するにもアプリを抜いたり、写真を取り除いたりと大変。

で、できたものをうちの人に見せたら

表題の日付が5年先の未来だった。



タチアオイの花が梅雨入りと同じ頃に咲き始めました。
これから次つぎと上に花が咲いていきます、

どうやらこの花がてっぺんまできたら梅雨があけそうです。


そう、友達が言っていたのを聞いた昨年、本当に梅雨があけました。

この花、ニワトリ花と言って花びらを顔につけてトサカにして遊んだという友人がいるのですが、どうやるのかな?
すぐ剥がれるけどこんな感じ?


花びらをちぎるとやや粘り気のある液がでます。
トサカにするはどこに付けたらいいのかな?

こうして喉に二枚、額に一枚つけて遊ぶそうです。
でもなんで写真、横になっているのだろう?


昨日の運動会で疲れているのかな。

カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
手しごと工房てんと
性別:
女性
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
最新CM
powered by NINJA TOOLS // appeal: 忍者ブログ / [PR]

template by ゆきぱんだ  //  Copyright: てんとう虫通信 All Rights Reserved